· 

コロナで家賃地獄でどうなっていくんだろう

コロナで在宅勤務となっているものの営業自粛ではないので、私の会社は未だ直接の影響が少ないのですが自宅でテレビの報道番組を見ていて少し疑問があります

 

店舗で営業されている業種は、店が開けられなければ当然固定費だけが出て行って収入が無くて赤字

固定費の大半は、家賃と人件費

つまり金策をめぐらしても、耐えられない場合に先に倒れるのは営業できない店舗を持つ企業

前提となっているのが、家主は、店舗が倒産するとわかっていても家賃を請求すること

 

倒産するまで家賃を請求し続けるのは、しょうがないとして、倒産した後に家賃を払ってくれる企業が直ぐに入る見込みは今の時点では誰も予測ができるわけがない。どちらかと言えばその先家賃収入は無くなるか落ち込み過ぎて相場が下がって収入が下がることの方が可能性は高いだろう。

 

不動産業は良くわからないので憶測となりますが、

ビル持ちの場合、水光熱費やメンテナンス代が固定費としてかかるものとしても、ビル自体閉鎖なら固定費はぐんと下がるはずです。つまり家賃収入が通常通りあれば利益は通常より多いのでは無いのかな。

 

様々なケースがあるので何ともいえませんが、家賃補助は借り側にも貸し側にも国からの補填があるのは良いとして、借り側は収益が無い、あるいは大幅減額となるが貸し側は損害は無い。

そんなケースが多いのでは無いかと想像してしまいます。

 

地主が悪いとかそのような批判では無くて、何か不公平感を感じるとともに誰も切り込まないのは何故なんだろうか?

このようなことで、借り側、貸し側で家賃減額の交渉がうまく成立しているところがあるなら、そういった事例を報道するべきではないか?そのほうが視聴率も稼げるんでは無いのか? などとジッとしながら考えてしまいます。