The Brand New Heavies / Shelter

1997年にリリースした第4作

1985年に結成してから、キーボードのヤン・キンケード、ギターのサイモン・バーソロミュー、ベースのアンドリュー・レヴィ以外のメンバーが入れ替わっていきます。

仲が悪いんではなくて、実力があるからこそ脱退して音楽性を磨いているんでしょうね。

 

今作ではクインシー・ジョーンズの秘蔵っ子でM・ジャクソンのデュエットで話題となったサイーダ・ギャレットがボーカルでフューチャーされています。

 

全編に展開されるジャジーなグルーヴ。ブリブリと響くベースライン。パーカッシブな細かなリズム。

 

インコグも当然好きではあるんですが、あちらの完成された音作りイタイして、太めで疾走感があり「バンドだよ!」って一体感のある音作りが好きなところです。

 

アシッド・ジャズファンにもR&Bファンにも通ずる捨て曲が一切ないアルバムで、名曲が数多く詰まっているマストでお得な一枚。 

古いアルバムですが、いつまでも聞ける傑作で大絶賛。

持っていない若者は買ったほうが良い。

 

 


songs

1. I Like It

2. Sometimes

3. Shelter

4. You Are The Universe

5. Crying Water

6. Day By Day

7. Feels Like Right

8. Highest High

9. Stay Gone

10. You've Got A Friend

11. Once Is Twice Enough

12. After Forever

13. Last To Know

 

1997 Delicios Viny L.L.C

 

PERSONNEL

vocals :  Siedah Garrett

vocals , keyboads , percussion : Jan Kincaid 

guitar , background vocals :  Simon Bartholomew 

 percussion, tambourine, background vocals : Neil Cowley,  Gavyn Wright, Wilf Gibson, Jim McLeod, Perry Montague-Mason, Dave Nolan, violin : Boguslav Kostecki 

viola : Peter Lale ,  Garfield Jackson

cello :  Tony Pleeth, Paul Kegg 

sax : Michael Smith, Paul Wiemar

trumpet , flugelhorn : Gerald Presencer

trumpet : Noel Langley 

trombone : Dennis Rollins, Pat Hartley 

bass : Chris Laurence, Mike Brittain

congas , percussion : Jeff Scantlebury 

backgraound vocals : Yo Yo, Henry Binns, Beverly Brown, Richard Wayler 

You Are The Universe

Sometimes

Shelter