The Brecker Brothers / Back To Back

1975年発売のファーストは10万枚のヒットとなりました。セカンドアルバムとなる、このアルバムは各自のソロ演奏も当然精度高く、コーラスとヴォーカルを大幅にフューチャー、ジャズ・ファンク・ファンやポップス・ファンにもアピールし、結果、売上はファーストの倍の20万枚。

ベースのウィル・リーもこのアルバムでの雰囲気作りで大きな役割を果たしています。派手なベースソロは無いですがファンキーで泥臭く明るいベースプレイは心地よい。ロック一色ではないサウンドはウィルの存在が大きく、ボーカルも頑張っています。

また、デヴィッド・サンボーンを入れた3管が強力にパンチしてきます。この時期の他のどんなバンドを聴いていても、サンボーン、スティーブ・ガッド、ウィル・リー、ドン・グローニックが出てくる音楽業界です。

とにかくアルバムセールスを伸ばして儲けてやるぞという意気込みが伝わってきて、このごった煮加減が妙に気持ち良いです。


songs

1. Keep It Steady (Brecker Bump)

2. If You Wanna Boogie...Forget It

3. Lovely Lady

4. Night Flight

5. Slick Stuff

6. Dig A Little Deeper

7. Grease Piece

8. What Can A Miracle Do

9. I Love Wastin' Time With You

 

recorded at  Electric Lady Studios

producer  The Brecker Brothers Band

1976 Arista

PERSONNEL

tenor sax, flute : Michael Brecker

trumpet, flugelhorn : Randy Brecker

alto sax : David Sanborn

baritone sax : Lew Del Gatto (2)

drums : Christopher Parker (2), Steve Gadd (4-9)

electric bass, lead vocals : Will Lee

guitar : Steve Khan

keyboards : Don Grolnick

marimba : David Friedman (6)

percussion : Rafael Cruz (4), Sammy Figueroa (4)

backing Vocals : Diane Sumler, Robin Clark (2)

backing Vocals : Luther Vandross

頭のノリノリなスキャットはウイル・リーらしいIf You Wanna Boogie...Forget It

祭りだ!ファンクだ!って雰囲気ですね

Grease Piece