Crusaders / Life In The Modern World

結成当時のオリジナルメンバーは、ジョー・サンプル(kb)、ウェイン・ヘンダーソン(Tb)、ウィルトン・フェルダー(T.Sax) スティックス・フーパー(Dr)、でラリー・カールトン(G)が準メンバーでした。

 前身のジャズ・クルセイダーズからクルセイダーズとなったのは1970年で、このアルバムは1988年発売でかなり後期のアルバム。ウェイン・ヘンダーソンと、ラリー・カールトンが脱退してギターはマイケル・ランドウに交代しています。

音もメンバーも確立されてきたとは言え、実力あり過ぎの安定感ありです。しかしジャズ・フュージョンの色は薄くボーカル物が目立ち、ブラジルの色が濃いポップスとなっています。

ブレッカー・ブラザーズもしかり、ボーカル物入れて売上アップを狙う大人の事情もありそうですが、フュージョンバンドがボーカル物をアルバムに散りばめているのは当時の流行りのようですね。


songs

1. Passion Fruit

2. Let Me Prove Myself Tonight

3. A.C. "Alternating Currents"

4. Destiny

5. Life In The Modern World

6. Coulda; Woulda; Shoulda;

7  D.C.

8. Samplin'

9. Some People Just Never Learn

10. Mulholland Nights

 

Producer  Stewart Levine

1988 MCA Records ‎

PERSONNEL

bass, synthesizer : Nathan East

drums : John Robinson

guitar : Michael Landau

percussion : Lenny Castro

piano , synthesizer : Joe Sample

sax : Wilton Felder

synthesizer : Larry Williams

 

vocals : Ivan Lins

vocals : Lamont Dozier

backing vocals : Phil Perry 

guitar : David Williams 

drum programming : John Robinson

trombone : Nils Landgren

trumpet : Eddie Davis

percussion : Paulinho Da Costa

Let Me Prove Myself Tonight

Some People Just Never Learn

Passion Fruit

Coulda', Woulda', Shoulda'