Donald Byrd & Barney Wilen / Jazz In Camera

かなり興味深い作品です。購入動機はおそらく衝動買いなのは間違いないんですが、いつどこでということは全く記憶にありません。物忘れは禿げとともに激しくなる一方です。

ライナーノーツによりますと、このアルバムは未公開映像作品のサントラで録音されたもの。監督であり発案者はイタリア人のサンドロ・ボゴラ、1958年に始まったこのプロジェクトは「Jazz In Camera」というサントラを制作し、そのレコーディングセッションを撮影して映画化するものだった。しかし映画に出資していたスポンサーとの折り合いがつかず、資金不足により撮影は中断。既に録音が完了していたサントラも公開されることはなかった。そしてお蔵入りから日の目をみたのは2012年で当時ミュージシャンを集めたウィランの息子が父親の遺品整理をしていてこのマスターを発見し、50年以上経って今回の発売となった。

語ると、とても長い話です。

このアルバムには6曲収録されているが曲名は「bande(断片)+番号」で曲は3つのテーマを様々なバリエーションで演奏したもの ・チュニジアの夜っぽいテーマⅠ、Ⅴ / そのテーマのアフロキューバンバージョンでⅢ / ブルーステーマで Ⅱ、Ⅳ、Ⅵ

スピーディーなハードバップとスローなブルース曲でスリリングで、自由な演奏が中々の聴きごたえあり。

 


songs

1.  Jazz in Camera (Bande I)

2.  Jazz in Camera (Bande Ⅱ)

3.  Jazz in Camera (Bande Ⅲ)

4.  Jazz in Camera (Bande Ⅳ)

5.  Jazz in Camera (Bande Ⅴ)

6.  Jazz in Camera (Bande Ⅵ)

producer  Dennis Bailey, Sandro Bocola

2012 Sonorama

PERSONNEL

trumpet : Donald Byrd

tenor sax : Barney Wilen

piano : Walter Davis

guitar : Jimmy Gourley

bass : Doug Watkins

 

drum : Al Levitt