Donny Hathaway / Everything Is Everything

このアルバムが発売されたのは1970年で、アメリカの黒人たちが意思向上や連帯をソフトな音楽にのせて訴えるニュー・ソウル・ムーヴメントの先陣を切った。

 

まずジャケ写が暖かさに目を引かれ、そんな時代背景が込められた写真に見えるこのアルバムはダニーの1stアルバムで、邦題は「新しきソウルの光と道」

暖かく充実した演奏・楽曲です。

 ダニーのアルバムでは「ライブ」がダントツで好きですがこのデビューアルバムもホーン部隊でソウルフルなピアノなど充実した出来栄えです。

 

The Ghettoも収録されています。

最近60~70年台のアメリカを背景とした本の

ハーレムの熱い日々(BLACK IS BEAUTIFUL)」

に触れたこともあり、68年のキング牧師暗殺、ベトナム戦争激化、失業、貧困、なくならない黒人差別など、とても意味深いメッセージがこの歌にはあることと実感します。

 

最後のボーナストラック「A Dream」にも、そんな意味があるのでしょうか?


songs

1. Voices Inside (Everything Is Everything)

2. Je Vous Aime (I Love You)

3. I Believe To My Soul

4. Misty

5. Sugar Lee

6. Tryin' Times

7. Thank You Master (For My Soul)

8. The Ghetto

9. To Be Young, Gifted And Black

(Bonus Track) 

10. A Dream

 

produced by Donny Hathaway, Ric Powell

1970 ATCO Records

PERSONNEL

piano, vocals : Donny Hathaway

alto sax : Clifford Davis, Donald Myrick

backing vocals : The Vashonettes

baritone sax : Willie Henderson

bass : Donny Hathaway, Louis Satterfield, Marshall Hawkins, Phil Upchurch

congas : Henry Gibson

drums : Morris Jennings , Ric Powell 

french Horn : Ethel Merkerl, John Lunsberry, Paul A. Teryett

guitar : King Curtis , Phil Upchurch

percussion : Ric Powell 

tenor saxophone : Johnny Board, Lenard S. Druss

trombone : John Avant, Morris Ellis 

trumpet : Robert A. Lewis, Gary Slavo, John E. Howell, Oscar Brashear

bass trumpet : Cyril Touff

tuba : Aaron Dodd

Misty

Voices Inside

Thank You Master (For My Soul)