The Doors / Light My Fire

てっきり 正式アルバムと思ったら「Light My Fire」の名前でのアルバムの発売はないようで、これはCHARLYと言うレーベルで21曲入りのLight My Fireと言う名前のベスト盤だった。

バンド名は「知覚の扉(the doors of perception)」と言う本の題名を元に「ドアーズ」。1965年結成で、67年に「ハートに火をつけてLight My Fire」がヒットした。Light My Fireはキャッチーだが、他の曲は個性的なサウンドで、初期のサイケ系、後期はルーツ系となりサウンドはかなり変化球が多い。71年7月にジムが滞在先のパリで急死。死因はおそらくヘロンの過剰摂取と言われている。残った3人でバンドは活動を続けるが、73年に解散した。

 ボーカルのジム・モリソンは、意図的に過激なパフォーマーで69年3月1日のマイアミでのコンサートでステージ上で性器を露出したとして逮捕は有名。「エド・サリヴァン・ショー」で「Girl we couldn't get much higher」 を、ドラッグを想起させるとして 「Girl we couldn't get much better」と変えて歌うよう要求されたがオリジナルの歌詞をそのまま歌い、生放送の番組でそのまま放送され出禁となる。日本で言えばタイマーズみたいですが、タイマーズの方がずっと後ですね。 


songs

1. Light My Fire

2. People Are Strange

3. Love Me Two Times

4. Breake On Through

5. Soul Kitchen

6. The Cristal Ship

7. Twentieth Century Fox

8. I Looked At You

9. End Of The Night

10. Take It As It Comes

11. Back Door Man

12. Alabama Song

13. Horse Latitudes

14. You're Lost Little Girl

15. Moonlight Drive

16. Unhappy Girl

17. Strange Days

18. My Eyes Have See You

19. I Can't See Your Face In My Mind

20. When The Music's Over

21. The End

1994 Charly Records

PERSONNEL

vocal : Jim Morrison

keyboads : Ray Manzarek

guitar : Robby Krieger

drums : John Densmore

When The Music's Over

Back Door Man

Light My Fire

break on through live 

Light My Fire (Live At The Isle Of Wight Festival 1970)