The Best of Fourplay

とても質が高くてフュージョンの一言では言い表しにくいので、質の高いフュージョン系スムースジャズと言っている人がいたのでマネします。

いぶし銀の曲ばかりでプレイは当然良いですが、楽器の録音バランスや構成も最高なのでオーディオ・チェックに未だ使っている人も多いようです。

このベストはリーリトナー時代のアルバムからのセレクトしたベストでプロデューサーはボブ・ジェイムス。

アルバムは、Fourplay 1991 , Between the Sheets 1993 , Elixir 1995 の3枚で本アルバムは1997年の発売。

この時代によくあるフュージョンアルバムにボーカルものもフォー・プレイなら「やっちまった」はなく、極上になってます。最後にフィル・コリンズがボーカル曲が入っています。この時代どこにでも出てくるなあと思いますが、フォー・プレイでのボーカルは楽曲の質が高いので邪魔してなくてよいです。

 

フォープレイは、piano : ボブ・ジェームス bass : ネーサン・イースト drums : ハーヴィー・メイソン は結成当時から変わらずにギタリストは時代で変わっています。

・リー・リトナー(1990 - 1997)

・ラリー・カールトン(1998 - 2010)

・チャック・ローブ(2010 - 2017)

2017年7月にチャック・ローブが死去して、2018年は活動休止となっています。その後の活動はHP見ても無いですね。


songs

1. Max-O-Man

2. 101 Eastbound

3. Higher Ground / Vocals  Take 6

4.  4 Play And Pleasure

5. Chant

6. After The Dance / Vocals  El DeBarge

7. Bali Run

8. Play Lady Play

9. Between The Sheets / Vocals Chaka Khan, Nathan East

10. Amoroso

11. Any Time Of Day

12. Why Can't It Wait Till Morning (Remix) / Vocals Phil Collins

 

executive producer : Bob James

1997 Warner Bros. Records Inc.

PERSONNEL

Keybords : Bob James

guitar : Lee Ritenour

bass : Nathan East

drums : Harvey mason

 

101 Eastbound

Between the Sheets

Chant

Why Can't It Wait Till Morning