Grant Green / Slick! Live At Oil Can Harry's

後期グラント・グリーンの未発表音源

2018年リリースですが、1975年9月のカナダ、バンクーヴァーでのライブ。未発表音源です。

曲は長尺な構成で、3曲目は31分に及ぶ激熱ソウル, R&Bメドレ-でした。

 グリーンは、60年代の後半はファンクな演奏にシフトしてきましたが、このライブでは色々な顔を見せてくれます。

オープニングは、チャーリー・パーカーのナンバーからスタート。続く2曲目は、グルーヴするリズムに、エレピが印象的でファンクよりな演奏にシフト。

3曲目でソウル・メドレー、スタンリー・クラークの「ヴァルカン・プリンセス」、オハイオ・プレイヤーズの「スキン・タイト」、ボビー・ウーマックの「ウーマンズ・ガッタ・ハヴ・イット」、スティーヴィー・ワンダーの「ブギー・オン・レゲエ・ウーマン」、オージェイズの「フォー・ザ・ラヴ・オブ・マネー」

 

未発表音源の復刻版であるので、中の分厚いブックレットには貴重な写真やインタビューが掲載されています。

 

グラント・グリーンを知らなくても、これを聞けばはまる人も多いんではないかな。お勧め。

 


songs

1. Now’s The Time

2. How Insensitive (Insensatez)

3. Medley 

   Vulcan Princess /  Skin Tight 

   Woman’s Gotta Have It

   Boogie On Reggae Woman

   For The Love Of Money

Produced by Zev Feldman

2018 Resonance Records ‎

PERSONNEL

guitar : Grant Green

electric piano : Emmanuel Riggins

bass : Ronnie Ware

drums : Greg Williams

percussion : Gerald Izzard

 

Now’s The Time

How Insensitive (Insensatez)

Medley