Harold Mabern / Mabern Plays Mabern

2019年に惜しくも83歳で他界したジャズ界の「アイアン・マン(鉄人)」ハロルド・メイバーンの通算27作目のリーダー・アルバム(追悼盤)

メイバーン自身の作曲による大ヒットナンバーを中心に晩年一緒にプレイをした気の合ったメンバーと繰り広げる白熱のライブ盤です。

2017年にニューヨークのジャズクラブで収録されたもので、エリック・アレキサンダーらとのプレイが聴きものでテナーのエリック・アレキサンダーは1987年からメイバーンに師事しています。エリックとのカルテットはもう30年近くで、他メンバーも長い間メイバーンと活動しています。

収録曲はライブでは必ずといってよいほど演奏しているメイバーンのオリジナル曲中心の8曲です。 

メイバーンのピアノはコードを塊で跳ねるようにぶつけてくる印象で、リズムが中心にいるような感じで非常に肉感があります。

それでいて弾き過ぎないのが良いですね。ためて放つ、そしてここぞと言う時に出てくる。

スカッと爽快ではあり、時に聞いたことのあるフレーズが出てくるのは年の功でしょうか。

個人的にはThe Lyrical Cole-Manあたりが派手で好きです。

懐深い豪快な親父さんといった印象です。


songs

1. Mr. Johnson

2. The Iron Man

3. Lover Man

4. The Lyrical Cole-Man

5. EdwardLee

6. It’s Magic

7. The Beehive

8. Rakin’ and Scrapin’

 

recorded at January 5, 6, 7 2018

at Smoke Jazz Club in New York City  

produced by Paul stache & Damon Smith

2020 Smoke Sessions Records

PERSONNEL

piano : Harold Mabern

bass : John Webber

drums : Joe Farnsworth

trombone : Steve Davis (except 4,5,6,7)

alto sax : Vincent Herring (except 4,6)

tenor sax : Eric Alexander (except 3)

 

Edward Lee

Mr. Johnson

The Lyrical Cole-Man

Rakin' and Scrapin'