Incognito / Positivity

アシッド・ジャズ、ジャズ・ファンクの中でもド定番の傑作

 

完成度、技術、黒っぽくてアーバなアレンジはハイレベル。後の「100° And Rising」とかの方がセールス的には成功しているようですが、この中身の濃さは、この「Positivity」でしょう。

 

ジャケットと中身がバラバラになって保管だったため勘違いしていたんですが、アルバムの名が「talkin loud」だと勘違いしてました。

「talkin loud」の大きいロゴを見ていて、わかりませんでした。

 

 

「talkin loud」レーベルの名前です・・

曲名にも「talkin loud」もあるけど初歩的な間違いでした。

ちなみに、このレーベルはGilles PetersonがAcid Jazz Records を離れて1990年にNorman Jayとともに設立したレーベル


songs

1. Still A Friend Of Mine

2. Smilling Faces

3. Keep The Fires Burning

4. Do Right

5. Positivity

6. Talkin' Loud

7. Deep Waters

8. Where Do We Go From Here

9. Givin' It Up

10. Thinking 'Bout Tomorrow

 

Produced by  J.P. "Bluey" Maunick

1993 Talkin' Loud 

PERSONNEL

guitar : J.P. "Bluey" Maunick, Richard Bull

lead vocals : Mark Anthoni, Maysa Leak

vocals, vocoder : J.P. "Bluey" Maunick

backing Vocals  : Mark Anthoni, Maysa Leak, Sarah Brown

Bass : Randy Hope Taylor

drums : Richard Bailey

keyboards : Graham Harvey, J.P. "Bluey" Maunick, Peter Hinds, Richard Bull

keyboards , Synthesizer  : Graham Harvey

percussion : Thomas Dyani

barritone sax, flute : Bud Beadle

tenor sax ,  soprano sax : Patrick Clahar

trombone : Fayyaz Virji

trumpet, flugelhorn  : Kevin Robinson

名曲「Still A Friend Of Mine」のライブ

曲の出だしは、ブルーイがギター弾かずにドリンク!

問題の「Talkin' Loud」のライブ