James Blood Ulmer / Blues Preacher

ブルースに凝った時期にタワレコで帯を見て買ったんですが、当時あまり好みのタイプでは無かったため、ほぼ聴かずにお蔵入りしてました。購入当時が新譜だったかは定かではありませんが1993年発売なので二十年ぐらいは放置。

しかし食べ物と同じで音楽の趣向も歳とともに変化していまして今聴けば結構いけてます。

でも歌い方や声質に、クセはあり万人に好まれはしないサウンドです。バッキングのギターはジャリジャリしてて、ジャズコーラスにそのままギターをつないで、ミドルとベース下げてペラペラにした感じです。

 

気になったのは、「Jazz Is The Teacher」

Jazz is the teacher 

Funk is the preacher 

Tell 'em for me yeah, early in the morning 

・・・・You just got the blues, you see

ジャズは教師、ファンクは伝道師と歌っていますがジャズでもファンクでもないドブルース

 

アルバムはブルースの伝道師?

 

本人の演奏でyouTubeで原曲と思われるバージョン発見した。ああ、ファンクだった!

 


songs

1. Cheering

2. Alone To Wonder

3. Let Me Take You Home

4. Who Let The Cat Out Of The Bag?

5. Jazz Is The Teacher

6. Justice For Us All

7. Nobody But You

8. Blues Alnight

9. Get Up

10. Angel

 

produced by James Blood Ulmer

1993 DIW

 

PERSONNEL

guitar, vocals : James Blood Ulmer

guitar : Ronald Drayton

bass : Mark E Peterson

drums : Aubrey Dayle

keyboards : Delmar Brown

 

Jazz Is The Teacher

ファンクバージョン

右手はサムピックなしで親指だけで弾いてらっしゃる結構 特殊な弾き方ですね