James Cotton / Live At Antone's Nightclub

2017年3月16日に喉頭がんで亡くなられたジェイムス・コットンの53歳の時のライブアルバムです。

この頃はアリゲーター・レコードに移籍していますが、「Antone's Night Club」なのでアントン・レコードからの1987年の発売です。このレーベル所有のナイトクラブ所有のレーベルなんですかね。

アルバムは「ミスター・スーパー・ハープ!」の紹介とともに、いつものジェイムスコットンのハープソロのイントロから始まります。

メンバーはマット・マーフィ、ルーサー・タッカーのギター。ベースはカルビン・ジョーンズ。ドラムのウィリースミスと、いつものリズム隊でタイトかつグルーブあふれる安定感。全体的にテンポは少し抑え気味で落ち着いたムードの演奏で、煽りは少なめです。

マットマーフィのギターがいつもより歪みが少ないような気がします。アンプが違うんですかね?

ライナーノーツからは、24トラックでのリールタイプの機器での録音となっています。

 


songs

1. Blow Wind

2. Juke

3. It Ain't Right

4. Gone To Main Street

5. Oh Baby

6. Hoochie Coochie Man

7. Eyesight To The Blind

8. Midnight Creeper

 

recorded live , 24 track at Anton's Night Club, July 1987

PERSONNEL

harmonica, vocals : James Cotton

piano : Pinetop Perkins

bass : Calvin Jones

drums : Willie Smith

guitar : Luther Tucker, Matt Murphy

 

Blow Wind

Eyesight To The Blind

Midnight Creeper