Jimmy McGriff / In A Blue Mood

オルガン・ジャズではないな。

このアルバムはオルガン奏者ジミー・マクグリフのソウル・ファンク・アルバムです。名前のとおり、ブルージーがアルバムコンセプトでR&Bのナンバーをオルガン・ファンク、ジャズ?に乗せ換えています。さらには完全にボーカル入りブルース・ロックも何曲か入ってます。

 

ハモンドの私の入り口はディープパープルでロックでもジャズでもいける楽器なんですよね。ロングトーンのビブラートが入った音がたまらんです。キックでは跳ねるようなリズムが出るしこのサウンドでベース奏者がいないってとこもエコな楽器です。

 

オルガンジャズっていえばジミースミスが有名ですが、ジミーマクグリフも、その筋ではバーチュオーソ的な方とのこと。

ギターのジェイムス・ベリンガーも初めて耳にしましたが、中々ブルース・ロックなカッコよいソロを決めてくれてます

 

結構ゴキゲンなアルバムで、ブルースロック・ファンでも十分に聞きごたえがあることかと思います。

 


songs

1. Charlotte 

2. Hip Hug Her 

3. Feelgood Dr.

4. Blue Juice 

5. The Bird 

6. Hallelujah I Love Her So 

7. Have A Heart 

8. Born Under A Bad Sign 

9. Fake I.D.

 

recorded and mixed at The Operating Room , Edina MN by Tommy Tucker jr , and Dr. Fink

produced and aranged by Dr Fink

PERSONNEL

Organ : Jimmy McGriff

Bass Drum : Rob Arthur

Guitar : James Behringer

Jimi Behringer Guitar

Vocals : Debbie Duncan

Saxophone : Eric Leeds

Jimmy Smith & Jimmy McGriff, "Ridin' On It" & "Honky Tonk"

Fake I.D.

Blue Juice