Kenny Burrell With Coleman Hawkins / Bluesy Burrell

テナー・サックスのコールマン・ホーキンスをゲストに録音した1963年のアルバム。

ブルージー・バレルとアルバム名が付けられているが表には「featuring a new BOSSA NOVA Tres Talbras」つまりは、ブルースアルバムって訳ではない。

聴き始めの1曲目はボサノバ風ジャズ。で、不思議を発見。オリジナルのライナー・ノーツ曲名とジャケ表紙は「Tres Talbras日本語訳のライナー・ノーツとディスク・データの曲名は「Tres Palabrasどうやらスペイン語で tres=とても Palabras=口喧嘩。曲自体は、キューバ出身の作曲家Osvaldo Farrésの曲で元曲には歌詞があるらしく直訳では「Three words」口喧嘩ではないでしょう?わからんので、またどこかで出直します。

さてアルバム自体はメンバーのホーキンス、バレル、ピアノのトミー・フラナガンの皆さんが主張し過ぎない大人な演奏でダンディズムを感じます。

昔の暗いジャズ喫茶でこれを聞いて、濃い珈琲を飲みながら黙って本を読むなんてのが最高に似合いそうです。

ケニー・バレルは少し泥臭くて硬派な音のギタリストで良く聞くアルバムも多いですが、これは私の中では上位ランク


SONGS

1. Tres Palabras

2. No More

3. Guilty

4. Montono Blues

5. I Thought About You

6. Out Of This World

7. It's Getting Dark

8. I Never Knew

 

1963 Moodsville

Recorded at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ; September 14, 1962.

PERSONNEL

guitar : Kenny Burrell

tenor sax : Coleman Hawkins 

alto sax : Leo Wright 

bass : George Tucker, Major Holley

congas : Ray Barretto

drums : Eddie Locke, Jimmie Smith

piano : Gildo Mahones , Tommy Flanagan

 

Tres Palabras

I Never Knew

Montono Blues