Lafayette Harris Jr. / You can't Lose with The Blues

1963年生まれのフィラデルフィア出身。ボルティモアで育ちで 現在はNYブルックリン在住。 

マックス・ローチの晩年のレギュラー・ピアニストとして

有名なベテラン・ピアニストで、ここ数年はサックス奏者のヒューストン・パーソン・カルテットのレギュラーメンバーとして活躍しています。

本作は正統派、自然体で肩ひじ張らない演奏で落ち着いて聞けるトリオ作品です。

タイトルの通りブルース・メインで、オーソドックスなブルースを様々なタイプのブルースを聞かせてくれます。

 

収録曲は全12曲、3曲がラファイエットのオリジナル曲、ソロ演奏の「Please Send Me Someone to Love」がソウルフルで良いです。

TowerRecord のお勧めコーナーにあって試聴して購入しましたのですが、最初はジャケットを見た時になんか近所に居る親父さんみたいな写真だなと思って足が止まっての試聴です。

でもお歳を見てみると私より2歳だけ年上なんで、ほぼ同じ年ですね。近所のオヤジよりも同窓生の感じですね。いや近所のオヤジでもおかしくないか


songs

1. He’s My Guy

2. I Love You Yes I Do

3. Blues for Barry Harris

4. Don’t Let the Sun Catch You Crying

5. Ev’ry Time We Say Goodbye

6. Things Ain’t What They Used to Be

7. Love Me in a Special Way

8. Bloomdido

9. You Can’t Lose with the Blues

10. Wonder Why

11. Please Send Me Someone to Love

12. The Juicy Blues

 

produced by Houston Person 

Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ on May 3, 2018

PERSONNEL

piano : Lafayette Harris Jr.

bass : Peter Washington (except track 11)

drums : Lewis Nash (except tracks 5 & 11)

 

 

Please Send Me Someone to Love

Blues for Barry Harris

You Can’t Lose with the Blues

Love Me in a Special Way