The Link Quartet / Long Live The Link

骨太、男前なぶっとい音でイタリアンFUNK!インストファンクなんで、イタリア語は途中で掛け声的に少しだけ入ってます。結成当初は、タテノリ系のモッズサウンドだったそうで、ハモンドオルガンのパウロがバンドに参加してからバックビートを取り入れたスインギーなバンドに変わってきたらしい。(スイングではないです)

このアルバムは1998~2005年のライブ音源で、ジャケットにも Hammondbeat Soul&Groove Live Vol.1

その名の通りハモンドオルガンがガンガンなります。オルガンとファンクは相性良しで、ギターも暴走してくれて楽しいです

カバー曲も多くそのセンスと派手な調理方法は中々のもの。

ちなみにこのCDがリリースされているのは日本のみで、他国では(本国イタリアも含めて)配信での供給となっています。

 

日本はまだダウンロード文化より現物なんですよね。私もCDをハードディスクに音源化はしていますが、ジャケットとかのデザインも楽しみなところなんで、気に入ったアルバムはCDのほうを選びます。1曲だけ欲しい場合はダウンロードもありですが、結局CDを買ってしまう事の方が多いですね。


songs

1. Faster Pussycat

2. Beat.it

3. Mrs Robinson

4. Crosstown Traffic

5. Deliquesced By Devonshire

6. Move Move Move

7 Happy Boys Happy

8. 6V6 La

9. Strudel Girl

10. Greased On A Delta Street

11. Claudia

12. Gianni Fuso Nerini

13. Alfa Romeo Duetto

14. Guantanamera

15. Almost Grown

16. Send Me A Postcard

17. Marshall Jim 100

18. Cootie Boogaloo

 

produced by Paolo Negri and Kahlil Breithaupt

2007 Hammondbeat Records.

PERSONNEL

guitar : Giulo"Link"Cardini

hammond organ : Paold"Apollo"Negri

drums : Tony"Face"Bacciocchi

bass : Renzo Bassi

 

 ライブでないと少しイメージが違います

Beat.It

ライブではありせんがBeat It

Gianni Fuso Nerini 昔のSFっぽいPV

Miss Modus