向井滋春 / Hip Cruiser

これをTowerRecodで見た時にはドキドキした。

「フュージョン路線が一気に開花した78年録音作」の帯

前から気にはしていたやつ、これじゃないの?これ

 

学生時代に、向井滋春のコピーバンドをやったことがありました。その時は元音源はカセットで配布されていたんでもうありませんし、曲名でさえも今となっては覚えていません。

欲しかったんですが、どのアルバムかわからずにいました。

 

聴いてみたら正解でした。ほぼ・・

記憶違いでなければ、もっと激しかった記憶があります。多分ライブ・バージョンとかなんでしょう。

 

でも嬉しくて懐かしくて、もう繰り返し聞いてます。トロンボーンで、このフュージョンは、時代の先端を行き過ぎていました。そして後輩のトロンボーン奏者でこのタイプのフュージョンにいった成功者は多分いないでしょう。ということで再燃しますのでMargaritaも探します。


songs

1. Nimuoro Neina

2. Hip Cruiser

3. Coral Eyes

4. Once I Loved

5. The Way

6. V-1 Funk

7. Manipura

 

recorded at Nippon Columbia's No1 Studio . Tokyo October 2 , 3 , 4 , 5 , 6 1978

producer  Shigeharu Mukai for Nippon Columbia

1978 Nippon Columbia Co., Ltd.

PERSONNEL

trombone : 向井滋

tenor sax : 植松孝夫 except4 

piano , electric piano , keyboad : 元岡一英 except4 

guitar : 橋本信二 except4、渡辺香津美 2, 4

bass : 真鍋信一 except4  

drums , percussion : 古澤良治郎 1, 3

drums , percussion : 山木秀夫 except1 ,4      percussion : 横山達治 except4、吉田和雄 1、三島一洋 1       

chorus : ベラ・マリア 1、大貫妙子 3

clavinet : 大徳俊幸

 

Nimuoro Neina

学生時代の記憶はこれかも知れない

学生時代これもやったなあ。懐かし

Manipura