Maceo and All The Kings Men /  Doing Their Own Thing

ファンク界のサックス・プレイヤーで名高いメイシオ・パーカーの初リーダー作

1970年リリースで既にJ.B.'sに参加しているからか、ホーンアレンジ、リズムの作り方はJ.B.'sで既に聞き覚えがあるパターンでかっちりとしたファンクでもありながら、SlyやBoscoeなんかの影響なのか当時ファンクの節回しとして共通するサイケな雰囲気も感じます。

 

 

さてメイシオ・パーカーの略歴おさらいですが

1964年ジェームス・ブラウンのバックバンド(J.B.'s) に参加して、1975年Pファンクへも参加、共演は プリンス、リビングカラー、ブライアンフェリー等で、リーダー作のアルバムは2012年が最後となっています。このアルバム参加のドラムのメルビン・パーカーは弟さんです。

1943年生まれで、これを書いている2020年現在は未だご存命です。

 

 

 

 


Songs

1. Maceo

2. Got To Getcha

3. Southwick

4. Funky Women

5. Shake It Baby (Keep On Shakin' It)

6. Better Half 

7. Don't Waste This World Away

8. (I Remember) Mr. Banks

9. Mag-Poo

10. Thank You For Letting Me Be Myself Again

Produced by B.B. Cunningham, Ray Riley

1970 House Of The Fox

PERSONNEL

alto tenor sax : Maceo Parker

vocals : Maceo Parker

bass : Bernard Odum

drums : Melvin Parker

guitar : Alfonzo Kellum, Jimmy Nolen

tenor sax : Eldee Williams

trumpet : Richard Griffith

 

2012ノースシーのライブ映像

長年このリズムで馴らしてきて圧巻

Better Half 

 Got To Getcha