Marcus Miller / Afrodeezia

マーカスのソロは、新しいサウンドづくりの実験や本人の趣向を感じるのですが、これはきちんとファンサービスをしてくれていて嬉しいアルバム。アルバムの音楽性はワールドミュージックとフュージョンの融合で、セネガル、ナイジェリアやブラジル、マリ、南米、カリブ、アメリカ南部のアーティストたちをゲストに迎え、様々な音楽をマーカス流にアレンジしてポップさを加えています。アフリカや中東系を思わせる音階、パーカッション類の作り出す複雑なリズムと、マーカスのバチンとしたスラップが良く合います。もともとマーカスのベースは、メロディーの出る打楽器みたいですから当然です。

おススメは5曲目のテンプテーションズのカバー「Papa Was A Rolling Stone」3曲目の「We Were There」 最後の「I Can't Breathe」は2014年のエリック・ガーナー事件(白人警官が路上喫煙していた黒人青年を職質で羽交い絞めにして殺した時の言葉がモチーフです。

アルバムタイトルのアフロディジアは、「アフリカにルーツを求めて」のような意で声なきアフリカの奴隷たちにとって

「音楽こそが大きなヴォイス」となったことを描いているとのこと。


songs

1. Hylife

2. B's River

3. Preacher's Kid (Song For William H)

4. We Were There

5. Papa Was A Rolling Stone

6. I Still Believe I Hear (Je Crois Entendre Encore)

7. Son Of Macbeth

8. Prism (Interlude)

9. Xtraordinary

10. Water Dancer

11. I Can't Breathe

 

producer  Marcus Miller

executive producer  Harold Goode

 

 

PERSONNEL

bass, bass crarinet, piano, percussion : Marcus Miller

sax : Alex Han

trumpet : Lee Hogans

keyboads : Brett Williams

guitar : Adam Agati

drums : Luis Cato

 

backing vocals : Julia Sarr

PERSONNEL

 

【guest】

vocal : Alune Wade (1)

percussion : Adama Bilorou Dembele(1,2)

background vocal , kora : Cherif Soumano(1,2)

trumpet : Etienne Charies(2,6)

organ : Cory Henry(2)

organ, piano : Cliff Barnes(5)

steal piano : Robert Greenidge(7)

keyboards  Robert Glasper(3,4)

chorous (2) : Julia Sarr, Alune Wade, AlvinVhea 

choros(4) : Aline Cabral, Andrea Dutra, Christiane Correa Tistao

bass voice : Alvin Chea

vocal : Lalah Hathaway(3,4)

percussion : Marco Lobo(4)

percussion : Lamumba Henry(6,8)

kora : Cherif Soumano(9)

afrian percussion : Munyungo Jackson(5)

percussion ; Adama Bilorou Dembele(9)

trumpet : PatchesStewart(5)

trumpet : Ambros Akinmusir(9)

cello : Ben Hong(6)

violin : Michael Doucet(9)

acordion : Roddie Romero(9)

guitar : Keb Mo(5), Melvin "Wah Wah" Watson(5),  Guimba Kouyate(1,2,9)

guitar, bass, programing : Mocean Worker

 

 

 

初回プレスには特典でDVD

Trailer

Hylife

I Can't Breathe