Phat Phunktion / Real Life .:. High Fidelity

ゴリっときっちり痛快なファンクで爽快です。

TOPみたいだと言えば、まさにその通りだが少し違う。もっと骨が太いんです。リズムぴっちり、キメぴっちり、ソロは歪んだギターで豪華にロックに、そしてドラムが良い。細かいリズムの間の間(ま)やフレーズのつなぎのセンスがすごく好きです。ロック的な要素あり、ストレートなファンクフレーズ、

Earth,Wind & Fireの『Jupiter』なんかも入ってたりしますが、基本オリジナルです。

アルバム名の .:.  の意味は?なんだろう

 

バンドの紹介です。アメリカのウィンスコンシン大学の学生によって1996年に結成され、ホーン・セクション3人を含む総勢8人のジャズ・ファンク/ソウル・グループ。自主制作でアルバム2枚を発表、2003年には『ローリング・ストーン』誌が期待のバンドとして選出し注目される。2004年にベン・シドランのレーベルNARDISから3作目『ユー・アンド・ミー』をリリースした。マイナーと思っていましたが売れてるバンドらしい。そりゃそうだ。

 

 


songs

1. You Want It All (feat. Johnny Chimes)

2. Eyes of Mine

3. With You

4. Knockin' em Down (feat. Bruce Briney & Kurt Kupcho)

5. No More

6. Don't Destroy the Funk

7. Competition

8. Miss Madison

9. Dance in the Rain (feat. Emily Leader, Christina Wensel & Ben Wensel)

10. Well Run Dry

11. Broken

12 Jupiter

 

producer  Al Falaschi, Tim Whalen

2011  NARDIS

PERSONNEL

vocals keyboads : Tim Whalen

saxophone, vocals : Al Falaschi

trombone, vocals : Courtney Larsen

trumpet : Jon Schipper 

trumpet : Jim Doherty

guitar : Vince Jesse

percussion : Pauli Ryan

drums : Darvonte"Turbo" Murray

 

 

Guests

You want it all intro : Johnny Chims

Knockin' em Down "The Clap" : Bruce Briney and Kurt kupcho

Dance in the Rain : Emily Leader (violin)

Christina Wensel(violin) Ben wensel(cello)

Knockin' em Down 

trailer

Phat Phunktion performs Higher at High Noon Saloon

Phat Phunktion tribute to Rocco Prestia