Professor Longhair / Crawfish Fiesta

ニューオリンズってイメージが、ばっちりのピアニスト、シンガーのプロフェッサー・ロングヘア

 

ピアノはリズム楽器です。ゴロゴロと弾けるようにブギウギ系のピアノが楽しいけどしつこい(笑)

裏声と口笛をまじえながら、とぼけた感じの歌い方で「しゃっくり」のように裏声を混ぜるこの歌い方はプレスリーとかでも聞いたあります。「ヒーカップ唱法」と言って歌詞の語尾を瞬時にひっくり返して歌う唱法とのこと。

プロフェッサー・ロングヘアのアルバムは今3枚ありますがこの歌い方を多用しているのは1980年リリースのこれだけでした。彼は同年に62歳で心臓発作で亡くなっています。どうやらこのアルバムはベストとかでは無いようなので、どこかで歌唱法を変えた時期があるんですね。

ボクサー、コック、プロのカード師などとしても活動し金になることは何でもやっていたようで、ピアノとギターも金稼ぎの手段であったっぽいですね。

 

『ザリガニ祭り』は、最後のインスト曲でラグタイムピアノです。この方向性が一番やりたかったのかな?


songs

1. Big Chief 

2. Her Mind Is Gone 

3. Something On Your Mind 

4. You're Driving Me Crazy 

5. Red Beans 

6. Willie Fugal's Blues 

7. It's My Fault, Darling 

8. In The Wee Wee Hours 

9. Cry To Me 

10. Bald Head 

11. Whole Lotta Loving 

12. Crawfish Fiesta 

 

producer  Allison Kaslow, Andy Kaslow, Bruce Iglauer

1980 Aligator Records

PERSONNEL

piano, vocals : Professor Longhair

bass : David Lee Watson

baritone sax : Jim Moore

tenor sax : Andy Kaslow, Tony Dagradi

congas : Alfred "Uganda" Roberts

guitar : Dr. John Mac Rebennack

 

 

 

Big Chief

 Crawfish Fiesta 

Bald Head(ハゲハゲって、しょうがないだろ悪いか?)