Ronny Jordan ‎/ The Antidote

ラップはいらないんですけど、なんてコメントも昔してました。当時アシッド・ジャズなる単語を知らない時で、新しけどジャズっぽいしラップには馴染みが無いし、でもいいんじゃねえか?という戸惑った心境。今も好んでラップは無いですが、ほぼ拒否反応は消え去っています。

これはロニージョーダンのデビューアルバムで基本打ち込みで作っているようでドラムはクレジット無し。オルガン、フルートなんかも絶妙にマッチでセンスの良さが光ります。

マイルスのSo Whatもアシッドでクラブなアレンジでインパクト大。これには、かなりはまって繰り返し聴くアイテムの一つです。テーマ部分も繰り返しがスゴクはまっていて、注意力散漫に聞いていたら気づかないのではないのかと思うくらいです。もちろんギターソロ部分も、素晴らしいアプローチ。

機械的にも思えるフレーズも多いですが、それに美を感じることもあります。

2014年に51歳で亡くなっていますが死因は非公開です。

 


songs

1. Get To Grips

2. Blues Grinder

3. After Hours (The Antidote) 

4. See The New

5. So What

6. Show Me (Your Love)

7. Nite Spice

8. Summer Smile

 

executive Producer  Trevor Wyatt

 

1992 Island Records ‎

PERSONNEL

guitar : Ronny Jordan

organ : Hugo Delmirani、Adrian York

double Bass : Arnie Somejee

piano : Joe Bashorun

flute : Philip Bent

vocals : Isabel Roberts

co-producer, Programmed : Longsy D

 

何と「ronnyjordan.com」のオフィシャルサイトは無く、オークションで売りに出されていました、04.20.2020

So Whatのライブバージョン

After Hours

Show Me