Sly And The Family Stone / There's A Riot Goin' On

ライブっぽいジャケですが、スタジオ録音盤です。

 邦題は「暴動」 1971年リリースの5枚目で、当初は5曲目の「Africa Talks To You」というタイトルで発売される予定であったそうです。これはCDでリマスターされたものですが、元々のLPではA面最後に4秒の無音曲があって、それが「There's A Riot Goin' On」だったとのこと。元々はファンのフリー・コンサートで起きたファンの暴動騒動を指していたものとされていたが、スライはこの噂を否定し「自分はいかなる暴動も起こってほしくない」がゆえに表題曲 "There's a Riot Goin' On" には演奏時間がないのだとインタビューに答えています。

 

相当に人気のあるアルバムですが、スライ・ストーンがCBSレコード会社の重役にニューアルバムを早く出せというプレッシャーをかけられ、仕方なく独りでリズムボックス等を駆使してドラッグまみれになりながらオーバーダブなどでほぼ独りで創りあげたようです。ジャズ・ミュージシャンも含めヤクを買うためにアルバムを量産した時代でレコード会社としては、これぞ儲けもんですね。

経過はどうあれ結果的にはセッションやらとは対極にある作業を積み重ねで、今までのフィジカルなファンクを凌ぐ独特な少し暗めのグルーヴが新鮮なサウンドとして受け止められて成功し後に語り継がれる本作に至ることになったわけです。

 

色々なエピソードがあるアルバムで、ジャケット写真には元々のLPとは差し替えてレコード会社が大衆受けするようにライブ写真に切り替えたとのことで、タイトルのRiotとフリーコンサートなどとは関係がないらしい。

 

 

 

 


songs

1. Luv N' Haight

2. Just Like A Baby

3. Poet

4. Family Affair

5. Africa Talks To You "The Asphalt Jungle"

6. Brave & Strong

7. (You Caught Me) Smilin'

8. Time

9. Spaced Cowboy

10. Runnin' Away

11. Thank You For Talking To Me Africa

 

Producer  Sly Stone

1971 Epic Records / CBS Inc. 

 

PERSONNEL

drums, drum programming, keyboard programming, synthesizers, guitar, bass, keyboards, vocals:Sly Stone

 

keyboards:Billy Preston 

tenor saxophone : Jerry Martini 

trumpet : Cynthia Robinson

vocals, keyboards : Rose Stone

backing vocals : Little Sister

bass, backing vocals : Larry Graham 

bass, backing vocals : Greg Errico

drums : Gerry Gibson 

guitar : Bobby Womack

guitar : Freddie Stone

guitar : Ike Turner

 

CD盤には無い音質感があります。リマスター前の音源がyouTubeでわかるとはビックリ

poet

Just Like a Baby

Family Affair