Soulive / Steady Groovin'

これは、私のジャズファンク好きに火が付いたきっかけでもある「Soulive(ソウライブ)のベストで2001年~2003年の3枚の中から、そして2002年のDJ Spinna'sのアルバムの中から選曲。

基本ドラム、ギター、キーボードの編成で、ホーン部隊はゲストがいつものスタイル。オルガン・ジャズでもよくあることなので珍しくも無いんですがベース部分は、ハモンドオルガンB-3のペダルのみで、このグルーブを生んでいることを知ると更に知りたくなるのが人間です。

スティービー・ワンダーの「Golden Lady」のカバーはレア度も満点。当然ファンは既に持っている曲と被ってはしまいますが、ソウライヴを知らない人には明るめオルガン・ジャズ・ファンクを知っていただく最適のアルバムであります。私のように写真とタイトルだけ見て買う人間は買ってから被ったことに気づきます(知ってても買うんで結果は同じなんですが)

 

2012年「Spark」からアルバムでの新譜が出ていないようですがhttps://www.soulive.com/で見るとシングルは発売しているしライブ活動は行っているようです。

 

 


song

1. One In Seven

2. Flurries

3. El Ron (Live)

4. Solid

5. Clap! / Featuring Black Thought

6. Dig (Live)

7. Doin' Something

8. Alkime

9. First Street (Live)

10. All Up In It

11. Golden Lady

 

Tracks 1, 4, 7,11 "Doin' Something"2001

Tracks 2, 5 , 8 "Next"2002

Tracks 3, 6 ,9 "Soulive".2003

Track 10  DJ Spinna's album "Here To There".2002

Track 11  unreleased in the US

 

PERSONNEL

drums : Alan Evans

guitar : Eric Krasno

organ, keyboards, clavinet : Neal Evans

 

alto sax : Sam Kininger

tenor sax : Jacques Schwartz-Bart

trombone : Fred Wesley

trumpet : Jeremy Pelt

 

 

Golden Lady

"One In Seven" - Mountain Jam VII

First Street