Stevie Rayvaughan / Live Alive

スタジオ盤とは違うプレイの熱気とアドリブ。いつ聞いても、この音の図太さとズクズクした切れのあるギターはただものではない。

1986年にリリースされたライブアルバムで、ご存命時にリリースされた唯一のライヴアルバムです。しかし、批評をあちこち読んでいると、この時期ヤク中がひどかったらしくキレがない演奏だったので万全のライブではないという向きもあるが、私には十分驚異のライブです。

 

それにしてもアメリカの名だたるミュージシャンは、なんでこうもアル中、薬物中毒になるのか? いずれ廃人になるとわかっていても、ヤクに手を出してしまう人が多すぎだよな。だから薬の魔力と言われるんでしょうけど闇ですね。

ちなみに私は、アルコールが一定量以上はいると演奏はグチャグチャになるのでライブ前には、飲み過ぎによく注意されます。プロは飲んでも演奏は出来るものなんだと、いつもそこに感心してしまいます。

 

スティービー・レイボーンで感心するのは、どのアルバムでも捨て曲がほぼないこと。このライブも当然で全部素晴らしいけど、しいて挙げればテキサス・フラッドですね


songs

1. Say What!

2. Ain' T Gone 'N' Give Up On Love

3. Pride And Joy

4. Mary Had A Little Lamb

5. Superstition

6. I'm Leaving You (Commit A Crime)

7. Cold Shot

8. Willie The Wimp

9. Look At Little Sister

10 Texas Flood

11. Voodoo Chile (Slight Return)

12 Love Struck Baby

13. Change It

 

Performances July 16, 1985 at Montreux Jazz Festival / July 17-18, 1986 at Austin Opera House / July 19, 1986 at Dallas Starfest.

Live recording  Montreux Sound Studio, Montreux / Arlyn Studio, Austin / Reelsound Recording Mobile Unit, Austin.

Dedicated to Big Jim & Martha Vaughan.

 

producer  Stevie Ray Vaughan & Double Trouble

1986 Epic

PERSONNEL

guitar, vocals : Stevie Ray Vaughan

bass  : Tommy Shannon

drums : Chris "Whipper" Layton

guitar, bass : Jimmie Vaughan

keyboards : Reese Wynans

 

Cold Shot (Live From Austin, TX)

Texas Flood (from Live at the El Mocambo) [Official Video]

Voodoo Child!