Stuff / Stuff It

 ゴードン・エドワーズ、リチャードティー、スティーヴ・ガッド、エリック・ゲイル、コーネル・デュプリー

 

がメンバーなんて、夢のようなバンドです。

 

本作はスタッフの3作目でsoulの色が濃いが、ブルースを基本としたポップな味付けで、カラフルな楽しい雰囲気があふれます。そしてDace with Meはアバのダンシング・クイーンに聞こえてしまうんですが、私だけ?

 

他のアルバムも好きですが、私気軽に聞けるこのアルバムも愛聴しています。しかしファンの間では賛否が分かれるところで、駄作であるとの冷遇派も多いようです。

 

余談ですが

従業員とかグループの構成員の意で→staff

stuff → 物とか事柄

Stuff it ! は「いらん、あっちへいけ!」

aとuで大違い

 


songs

1. Mighty Love

2. Dance with Me

3. Since You've Been Gone (Baby, Baby,  Sweet Baby)

4. Always

5. Stuff It

6. Love Having You Around

7. Rainbows

8. Gordon's Theme

9. Talkin' About My Love for You

10. Do It Again

produced by Seve Cropper

1976 Warner Bros Records Inc

PERSONNEL

bass : Gordon Edwards

drums : Steve Gadd

guitar : Cornell Dupree, Eric Gale

keyboards : Richard Tee

 

baritone sax : Ronnie Cuber

tenor sax : George Young

trombone : Tom Malone

trumpet, flugelhorn :Alan Rubin, Jon Faddis

cello : Kermit Moore

drums : Chris Parker

percussion : Crusher Bennett

viola : Al Brown, Mitsue Takayama

violin : Guy Lumia, Julian Barber, Paul Winter

 

Dance with Me 

Mighty Love

Love Having You Around