T. Bone Walker / Good Feelin'

いつ聞いても「ひどいなあ」と思うのが1曲目の Good Feelinで、pianoの独奏から語りに入り

My Name is T. Bone Walker・・this song is good feelin'・・ブツ!で、次のEveryday I Have The Bluesが直ぐに始まる。いつ聞いても斬新すぎる。

 

パリで録音したものらしく決して寄せ集めではないと思いますし、他の曲はフェイド・アウトというテクを使っています。編集エンジニアの腕が悪いのか、悪趣味か、遊んでいるのか? レコードプレスの締め切りまえに飲み過ぎて編集をしくじったのか? 謎だな

 

“Poontang”なんかはファンク調で始まり突然ブルースになり、またファンキーに戻るといったブルース・ミュージシャンには珍しいこともやるなどリラックスした演奏で総じてアルバムのできは良くてテキサス・ブルースの父T-Bone Walkerの後期のファンク・ブルースで愛聴盤であります。

ド・ブルースのT. Bone Walkerを期待されると少しはずすかも知れません。


songs

1. Good Feelin

2. Everyday I Have The Blues

3. Woman You Must Be Crazy

4. Long Lost Lover

5. I Wonder Why

6. Vacation

7. Poontang

8. Reconsider

9. Sail On Little Girl

10. When I Grow Up

11. See You Next Time

 

recorded on Novemver 1968 at C.B.E studios in Paris 

produced by Robin Hemingway

1969 Polydor

PERSONNEL

vocals, guitar, piano : T-Bone Walker

bass : Jeannot Karl

drums : Lucien Dobat

guitar : Slim Pezin

percussion : Earl Lett, Jean-pProust

piano : Michel Sardaby

piano, organ, Percussion : Bernard Estardy

Piano, Organ, Saxophone : Manu Dibango

sax : Francis Cournet, Pierre Holassian

Good Feelin 終わり方ね

Every Day I Have The Blues

 I Wonder Why

 Poontang