Victor Gould / Thoughts Become Things

Vの頭文字のアーチストの音源が非常に少ないことに気が付いたので試聴せずに、勢いで買ってみたの2枚目。この買い方ですが、若い頃ジャケットとタイトルを見て雰囲気で購入する所謂ジャケ買いにをやっていた時期があり、インディーズで、ひたすら松平健と叫び続けるアルバムとかハズレをかなり連発してからやめていましたが久しぶりに敢行。

細かい説明は無かったので、ジャケットデザインの絵でアフリカンか、フリーっぽいヤツかと想像してましたがクラシック音楽っぽい雰囲気もあり、聴き進めるとジャズか?

これが、もしかして現代ジャズというカテゴリー?オーケストラ部分とバンド編成が1曲の中で同居しながら分離。結構な違和感があるが、その違和感でかえって曲を聴くという姿勢に意識を集中させてくれる。気持ち悪いまでいかずに適度な感じで不思議な感覚で、割といいかもしれない。

 

さてVictor Gould略歴。ロサンゼルス生まれ、現在ニューヨーク市在住のピアニスト バークリー音楽大学に入学し学士号を取得し、Loyola 大学の有名な Thelonious Monk Institute of Jazz で学ばれています。 2006 年「セロニアスモンク・インターナショナ ル・ピアノコンペティション」 2009 年「ASCAP 財団ヤングジャズ作曲家賞」のセミファイナリストに選ばれは有名ミュージシャンとの共演、レコーディングを始める。めちゃくちゃ音楽エリートな学歴ですね。このアルバムは3作目。

ストレートに好きとは言えないんですが心にひっかかり、そのぐらい聴いた後に心が落ち着く一枚・・もしかして気に入ってきたのか?


songs

1. Thoughts Become Things

2. October

3. Brand New

4. Karma

5. Let Go

6. Inheritance

7. Polka Dots And Moonbeams

8. What Do We Need?

 

recorded at Sear Sound Studio on December 10 & 11 , 2018

Vicor Gold Co-producer

Chan Jung Co-producer

Jermy Pelt Co-producer

2019 Blue Room Music

PERSONNEL

piano : Victor Gould

trumpet : Jeremy Pelt

alto sax , soprano sax : Godwin Louis

tenor sax : Dayna Stephens

flute , alto flute : Anne Drummond

bass : Vicente Archer

drums : Rodney Green

bass clarinet : Lucas Pino 

bass trombone : Aaron Johnson 

violin : Yoojin Park , Jim Tsao

viola : Jocelin Pan

cello : Susan Mandel

percussion : Ismel Wingnall

Victor Gould's new album

Thoughts Become Things

October

Inheritance

TVのインタビューっぽいMinding Your Business