Oz Meets Jazz

 

ジャズ系雑誌などでよく見かけるが、なんとなく食わず嫌いで

小曽根真とは永遠に縁がないのかと思っていたが、いつの間にかこのアルバムが手元にある。

 

正確に言えば小曽根真のアルバムではない。1999年2月にスタートしたJ-WAVE制作のラジオ番組『OZ MEETS JAZZ』1周年を記念したセレクトオムニバス。

 

 

自身の曲もありますが、ビルエバンス・チックコリア・マイケルブレッカー、スタンゲッツ・オスカーピーターソン、ウェス・ジミースミスなどジャズとボサノバが収録。

 

最後の曲が「Dear Osar」にあるように、小曽根真にとってオスカーピーターソンは永遠のヒーローであるとのこと。

 

 

 


songs

1. No Strinos Attached / Makoto Ozone The Trio

2.  Aquarela Do Brazil Nga Do Cablo Duro /

Elis Regina

3.  Luiza /  Antonio Calros Jobim

4. A Time for Love / Bill Evans

5.  In a Mellow Tone/  Jimmy Smith

6.  Words can't Dscribe / Sarah Vaughan

 

7. Madame Toulouse / Michael Brecker

 

8. Love Castle / Chick Corea

9.  Pra Machucar Meu Coracao / Stan Getz Joao Gilberto

10. Borzeguim / Antonio Carlos Jobim

11. Valse / Bill Evans

12. It's Impossible / Oscar Peterson

13. Unforgettable / Oscar Peterson

14. Midnight Mood / Wes Montgomery

15. Dear Osar/ Makoto Ozone The Trio

 

2002 Universal Music Company 

PERSONNEL

various artists

 

 

 

 

アルバムと関係ありませんが

小曽根真で検索していたら

スペイン : 押尾コータロー with ジェイク・シマブクロ & 小曽根真

なんて面白そうなライブ映像出てきました

Madame Toulouse / Michael Brecker

 

 

Dear Osar