Zapp / New Zapp IV U

ロジャー・トラウトマンがリーダー、その他兄弟でバンドが構成されています。レスター、ラリー、テリー姓は皆トラウトマン。幼なじみであったブーツィー・コリンズの紹介でジョージ・クリントンに見いだされ、Pファンクの前座として実績を積みメジャーデビューしたファンクバンド。70年代から自分たちのレーベルを興す等、独自の道を進み、1999年の4月にメンバーのラリーが、自分の兄弟で中心メンバーでもあるロジャーを射殺し、ラリーもその後、自殺したという衝撃的なラストで終わった。

 

本アルバムは1985年にリリースの4枚目で、当時は日本でボディコンが流行り、音楽はウィアーザワールド、マドンナのマテリアルガール、アーハのテイクオンミーがヒットしていた時代で、当時のディスコで好まれそうなサウンドです。

シンセとボコーダーがこれでもかと活躍していますが、少々しつこいような気もします。

 

 

ソウル、ファンクに私が凝った時に、たまたま購入した一枚で、Pファンクファミリーであったことを後で知って驚き、このディスコサウンドに懐かしい時代を感じる一枚です。


songs

1. It doesn't Really Matter

2. Computer Love

3. Itchin' for Your Twitchin'

4. Radio People

5. I only have Eyes For You

6. Rock 'N' Roll

7. Cas-Ta-Spellome

8. Make me Feel Good

9. Ja Ready To Rock

 

producer  : Roger Troutman

PERSONNEL

backing vocals : Aaron Blackmon, Billy Beck, Bobby Glover, Charlie Wilson, Dale Degroat, Donna Sloss, Gregory Jackson, Jannetta Boyce, Ray Davis, Rhonda Stevens, Robert Jones, Roger Troutman, Shirley Murdock, Wanda Rash, Zapp Troutman

bass guitar :: Aaron Blackmon, Roger Troutman, Zapp Troutman

drums : Damian Black, Lester Troutman

horns : Carl Cowen, Jerome Derrickson, Michael Warren, Robert Jones

keyboards : Bernie Worrell, Billy Beck, Dale Degroat, Greg Jackson , Roger Troutman, Zapp Troutman

lead Guitar, rhythm guitar : Aaron Blackmon, Roger Troutman

lead vocals : Greg Jackson, Roger Troutman, Zapp Troutman

percussion : Larry Troutman, Lester Troutman, Robert "Kuumba" Jones

 

 

Computer Love

Make me Feel Good

Ja Ready To Rock